世は時につれ

窓から眺める時代と世相

団塊の昭和 2 - 少子高齢化

f:id:kooshi27:20200528220648g:plain

人口(ピラミッド→きのこ雲→かめかん)

 

団塊人口の多さは、やはり際立っている。

1947(s.22)年から1949(s.24)年、この3年間の各年に270万人ほど生まれ、総計で800万人ほどの塊である。
(現在の出生数は1年で90万人しかいないのだから、その差に愕然とする。)

戦後ベビーブームはアメリカにもあったとのことで、こちらは10年近くも(1965年まで)続いたらしい。戦勝国で、国土も広大だから、パワーが違う。その後の「アメリカの時代」の原動力にもなった。

日本は敗戦国で焼け野原になったが、もちまえの復興魂と解放感でベビーブームになったのだろう。でも復興途上で国土も狭く、不相応に増えすぎたのか、中絶法を作って国が抑え込んだようである。(それまでこの法律がなかったのだ。でもこの法律は、問題ももたらした。)

そのあとは潮が引くように、毎年20万くらい減っていく。
一時、団塊の孫の世代が増えたときがあった(第二次ベビーブーム;上の真ん中のグラフの、2番目の出っ張り)。このときはまだ高度経済成長の名残もあったのだ。
だがその後は一貫して出生数は下がっていく。経済成長が止まり、子供の養育費が増大してきたこともある。
そしてバブルがはじけ、停滞の時代になり、あれよあれよと「少子高齢化」に突入だ。

いまはどこの国も少子高齢化なのだが、日本の速度は世界トップらしい(西欧は1世紀以上もかけている)。上の一番目のグラフのように、初めは安定したピラミッド型だったのに、間もなく2番目のように、不気味なキノコ雲型となり、やがて最後の、いかにも不安定で倒れそうな壺型(かめかんみたいだ)になっていく。「人口ピラミッド」という言葉はもうふさわしくない。

少子化については、あの手この手でいろいろ試みるが、なかなか子供が増えない。 ― もしうまくいって増加に転じたとしても、赤ちゃんが大人になるには20年かかるのだ!
で、いちばんの妙案は、数字をいじることだ(官公庁の得意とするところです。)
高齢者」の定義を変えてしまえばいいのだ。60歳→65歳→70歳、とずらしていく。
ちびちびとやって気持ちを慣らし、ある時に5年くらい、ドンとやる。
これはうまくいっている。(ついでに「子供」を18歳に前倒す。)

じっさい、今の「老人」は昔と比べてだいぶ若い。見た目もだが、体力も寿命も確かに延びている。10年以上は若返っているのではないか。昔は驚異だった100歳も珍しくない。やたら元気な老人があちこち増えている気がする。

これは幸福な現実であり、いくら霞が関が数字の操作や改竄に習熟しても、それででっちあげることはできない。でも国は、この幸福な流れを寿ぐように、定年、年金、医療費、消費税などなど、お金を絞って集める手続きは抜かりない。「人生100年時代!」という標語はさらなる布石なのではなかろうか。

平成は静かに終わり、令和が始まって、昭和はいよいよ遠くなった。
団塊世代は名実ともに高齢者だ。
のんびり隠居で締めたいと思ったら、少子高齢化や景気停滞やら、温暖化や地震やら、
おまけに新型コロナやらも加わって、なかなか容易ならぬ感じだ。
でも「人生100年時代」からすれば、70代が前期、80代が中期、90代が後期となり、
第二の人生が始まったばかりで、まだ道のりは長いではないか(すみません)。